大崎梢さん。本が大好きですね。

なんとなく、リサーチもなしに、
図書館で見つけて「びびび」ときて
手にとった

大崎梢 「平台がおまちかね」
osaki02.jpg

だいたいから、「平台」って言葉が興奮。
屋さんの中でもスポットライトを浴びてるところだもんね。

元書店店員だったという作者。
ならではのエピソードもたくさんです。
新人出版社営業・井辻くんの奮闘記を背景とした
ミステリー仕立て。

みんながを愛しているのが気持ちいい。

さて、続編もありです。
「背表紙は歌う」
osaki03.jpg
出版社で働けるなんて、
好きとしてはめちゃ憧れの職業だけれど、
昨今の、が売れない時代の苦労もありで。
しかしながら、が好きだから。
だからここに出てくる人たちは本当にがんばってます。

図書館ユーザーとしては、
それこそ本を買わずして読んでるわけで、
ほんのちょっぴり申し訳ないと思いつつ、
週に2冊も3冊もハードカバー買ってたら、
我が家は財政破綻します


+ + +

昨晩の中学役員の打ち合わせも無事完了。
みんないい人たちで、
1年間楽しくがんばれそう。

あ、今日の一曲。(最近懐古趣味)
スポンサーサイト

tag : 子育て

コメント

本、お好きなんですね

お久しぶりです^^

yuntaさん、読書家なんですね。
私も好きなんですが、そう言えば最近本買ってない。

本だけじゃない、食品しか買ってない!

お金は全部子どもの学費や服やその他もろもろになって、
私が自分のために遣うのは、
tsutayaの旧作100円映画ばかり・・・

本は最近もっぱら図書館を利用させていただいてます。
でも余裕のある人には、本屋さんで本を買ってほしいな。
本屋さんがなくなったら寂しい・・・
(だったらオマエも買えよ!って言われそうm(__)m)
いえいえ、書籍購入費はい~っぱい払ってますよ!
高校生2人、大学生1人ですから、
教科書代、4月には軽く10万円以上払いますよ(TT)

本屋さんや図書館では、時間を忘れるタイプです。

それと、卒業してからたった4年でしたが、
誰でも知ってる出版社勤務の日々がありまして、
あのバブル時代、週刊の原稿を書いてました。
気を失って倒れるほど仕事したり、
原稿のOKが出ず、終電でも帰れなかったり、
でも社員旅行がオーストラリアだったり・・・

無茶苦茶な日々だったけど、
原稿を書くのは、やっぱり好きだった。

その頃、目標としていた先輩ライターさんの口調と、
yuntaさんの語り口、ちょっと似てます。

そんなところも、私がこのブログに
惹かれてしまう理由のひとつかな^^

あと、「青春のリグレット」
もう言葉がない。
鳥肌が立つのみ。

恋してた頃の気もちは、
引出しの奥に、ちゃんとあったのねぇ・・・
あのくらいの歳に聴いた曲は、
特別ですね。
なにも悲しくないのに、涙出てきました^^;

ありがとう!

■ stollen222 さんへ

素敵なコメントありがとうございます。

あたしの雑な本文よりも stollen222 さんの言葉のほうが
ずっとずっと魅力的ですよ。うふ。

出版社。素敵だっ!
stollen222 さんくらい優秀だったら当然だと思います。

アタシは国文科を出たけれども、
なぜか旅行会社にどうしても入りたくて、
2人目を妊娠するまで10年間働いてました。
あの頃のバブルな感じ、
ものすごくね、共感です。
旅行もすごく盛んで、
(本当にみんな裕福だったのかしらん?)
やはりヒジョーーーに遅い時間まで仕事してましたん。

でも「書く」と「読む」って作業は、
やはり4年間の大学生活でしみついて
ずっと好きだったなあ。

だから本はずっとずっと好きです。
今回久々本のこと書いたのですが、
カテゴリーに「本」を設けてるので、
実はちょこちょこ書いてます。
ただ、内容をあまり書くのも好きでなく、
「絶対感動するから読んで」って
押し付ける気もなく、
なんとなく心が震えたことを忘れないように
書くみたいな感じで・・・。

何かお勧めあったらぜひ教えてくださいねーーー。
(図書館で借りますけど・・・とほほ)
Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【大崎梢さん。本が大好きですね。】

なんとなく、リサーチもなしに、図書館で見つけて「びびび」ときて手にとった本。大崎梢「平台がおまちかね」だいたいから、「平台」って言葉が興奮。本屋さんの中でもスポットライー仕立て。みんなが本を愛しているのが気持ちいい。さて、続編もありです。「背表紙は歌う...
プロフィール

yunta-souhano1117

Author:yunta-souhano1117
すきなもの。
ZUMBA®
雑貨
インテリア
ハンドメイド
カフェ
sweets
本。
それと「嵐」。

まだまだお金はかかるけど、
子離れして、自分のこれからの
生き方を見つめなくちゃの時期です。

笑ったり怒ったり泣いたり
ほっとしたり。
そんななんてない日常です。

FC2ブログランキング
↓ぽちっとお願いします。大喜びです。

FC2Blog Ranking

カテゴリー
Link
★おすすめサイトです★
recommend
















































最近の記事
おすすめ商品
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ブログ内検索