出会ってしまった!作家:山本幸久 ああ、はまりそふ。

が大好きなんですけど。

なかなかブログに書いてません、のこと。

ぱたん。とをとじた時、
にやりと笑ってしまうようなに出会ったときだけ書こうと思ってます。

図書館には読みたいを常にMAXの10冊予約をかけてますが、
これが、なかなか手元に来なくて、
来ない間は、図書館にあるをうんうん悩みながら選びます。

もちろん好きな作家さんのも選びますが、
飛び込みで「ぱっ」と手になじんだ本を借りてみるのも楽しかったりします。

が、なかなかここ最近は「びびび」と感じるのがないなあ・・・。

と思ってたら「山本幸久」さんとの出会い。

最初はこれ。
s-01.jpg
月並みな言い方だけど、若者が社会人として成長していく話、なんだけど、
彼に仕事を引継ぎすることになった女性がすごくいい。
凛として人間味あふれ、成績を上げるためだけでない一生懸命さ、丁寧さ。
今ひとつ無気力だった主人公が、この女性にいつのまにかインスパイヤされていく感じも
とても好感をもてていい。

続いてこれ。
s-04.jpg
キャラクターの一人一人がとても生き生きしてて素晴らしい。
とにかく前向きでガッツもある新入社員の主人公の女の子のまわりにへ、
天才肌の先輩と努力型の先輩。
つるつるなめらかな日々よりも凸凹なのがずっといいと、
素直にそう思わせてくれる話です。

これは表紙がまず良くて。
s-02.jpg
主人公のおば:美晴さんの破天荒ぶりが小気味いい。
まっすぐすぎる(悪くいえば子供だ)美晴さんのお母さんが
亡くなったときのくだりは、でもちょっと泣けてしまった。
ある一つの「家」に住むみんなそれぞれが、うまく機能していて素晴らしい。
暖かくて、思いやりがあって。
「さくら」(西加奈子)を読んだときみたいなじーんと感が胸いっぱいに。

一番最近読んだのがこれ。
s-03.jpg
6編からなる短編集ですが、全部話しはどこかで繋がっています。
「阪急電車」(有川浩)みたいな感じ。
いったい全体、この作家さんは男性なんだろうか?と
思ってしまうくらい、女性のことが良く描けていてびっくり。
(男性はもちろんだけど)

この作家の作品には、不器用だけどめげずにがんばる姿が
必ず書かれているところが大好き。
きれいごとばかりではない、しんどい事件やつらいトラブルも
繰り返し起こるけど、でも逃げずに立ち向かうところがすごい。

この作家、山本幸久。調べてみたら「小説すばる新人賞」とってました。
「直木賞」に最も近い作家、とも言われてるらしい・・・。

無知だったのね、アタシ。

他の作品ももちろん全部、読むざんす。ああ、楽しみ。


あ、そういえば。
vs--arashi.jpg
また今日も負けた・・汗;
だからブロック4個残してパスしちゃダメだっつーの。
物は3点固定の法則ですよっ!

スポンサーサイト

tag :

コメント

Secre

プロフィール

yunta-souhano1117

Author:yunta-souhano1117
すきなもの。
ZUMBA®
雑貨
インテリア
ハンドメイド
カフェ
sweets
本。
それと「嵐」。

まだまだお金はかかるけど、
子離れして、自分のこれからの
生き方を見つめなくちゃの時期です。

笑ったり怒ったり泣いたり
ほっとしたり。
そんななんてない日常です。

FC2ブログランキング
↓ぽちっとお願いします。大喜びです。

FC2Blog Ranking

カテゴリー
Link
★おすすめサイトです★
recommend
















































最近の記事
おすすめ商品
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ブログ内検索