ZUMBA ズンバとハロウィン

「楽しいからきてみない?」と

地元友に誘われたのが9月のこと。

10月しょっぱなに体験に行ってみて、
ものすごく楽しくて、即入会。

楽しいままに、あっという間に1ヶ月。

その名も、ズンバZUMBAサークルです。

ズンバはいつも行ってるスポーツクラブでもやってるけど、
あたしが行ける時間帯にやってなくて、
楽しいよとは耳にしつつも、
んんん、残念って思ってたとこ。

ズンバとは=ラテン系の音楽とダンスを融合させて創作されたダンスフィットネスエクササイズで、その特徴は、
速いリズムと遅いリズムの曲が組み合わされた、ダイナミックでエキサイティングなインターバルトレーニング形式の
ワークアウトです。


その曲ごとにゆるく振付は決まっているけれど、
イントラさんを見ながら直感的に動ける感じ。
エアロみたいに32カウントのコリオの組み合わせみたいな難易さはなく、
その人のレベルなりの踊り方で全然OKという実にラフな感じ。

ざっくりとこんな感じです(こんなに腰を上手にふれないぜ)


ダイエットとか健康増進とか大義はあるけれど、
なんてったってお友達とわいわい汗だくで笑えるのが楽しかったり、
地元の公的施設でのほんわかサークルのフレンドリーな雰囲気だったり、
先生がまた可愛くて元気でがんばりやさんだったり。

そういうことが一番の魅力だと思っています。

で。

昨晩のレッスンはハロウィンイベントでした。
じゃんじゃじゃーーん。
s-zumba.jpg


すごい暑そうな衣装で最後まで踊った人もいて
まあ、恐ろしくておもしろかった。

次のイベントはもっとみんなはじけるのかっ!

ちょっとこわい・・が楽しみまっす。

■ZUMBAインストラクターrienko先生のブログ「ZUMBAと親子donburi」はこちらです。
(イベントの様子がもっと詳しくのってまっす)


スポンサーサイト

tag : ダイエット

最近「NATURAL KICHEN &」の飾り棚事情。

昨日、仕事帰りにナチュキチ定期パトロール。

スイーツ類のラッピンググッズを見に行ったのだけれど、
新着雑貨に釘付け。

na01.jpg
1,050yen

na02.jpg
1,050yen

na03.jpg
525yen

na04.jpg
315yen

可愛い。可愛いすぎる。
上から二つはいい感じにペイントもしたい。
ああ、飾れずしまってある雑貨もここで生き返らせたい。

しかい、いかんせん、壁が。

スペーサブルな壁が少ないのよ。

なんらか飾っているから・・・。

ごちゃごちゃ飾ると、とたんにおしゃれさ半減なのよね

しばらく悩みたいと思います。

壁の配置しなおし。
(しかし家族は誰も気付かない)

■ナチュラルキッチン& の情報はこちらです

tag : 雑貨 インテリア 家族

24 ファイナルシーズンおわたーー。

s-24.jpg

長いお付き合いでしたね、ジャック。

追跡のために、あなたは一体何台の車を、
持ち主に有無をいわせず乗って走ったでしょう。

あなたを10人以上がねらっても、
あなたにはなかなか弾はあたらない。
しかしあなたの弾は確実にあたる。

突入するときの戦略は5秒ほどで組み立てることができる。

敵の目をくらますため、
仲間にも銃口をむける。
しかし、急所は天才外科医なみに
はずすことができる。

拷問も拷問された数もはかりしれない。

すべてはアメリカの正義のため。

つっこみどころ満載ながら、
あたしたちは心からジャックを応援してしまう。

「4400」も「プリズンプレイク」も「ロスト」も面白かったけれど、
やはり、ジャックは超えられない。

ありがとう。ジャック・バウワー。


■「24-twenty four」FOX公式サイト


tag : テレビ

うちんちのスイートポテト。

秋です。

もちろん味覚の秋。

あ、読書の秋でもあるわよぅ。

で。

この度、お友達よりとれたてのさつまいもちゃんを頂き、
(Yちゃんありがとね

そのままふかして食べる?って思ったけど。

ふふふ。

やっぱスイーツでしょ。

ってなわけで、週末を待っての本日クッキング。

成形するのが一番大変そうって思えたので、
最初からしぼり口で作ろうって決めてました。

できたど(大量すぎ)
s-P1050758.jpg

COOKPADの「ケーキ屋さんのスイートポテト♪」を参考に
作ったけれど、
いつもの、アタシ流で、バターでなくてマーガリン、グラニュー糖でなくて普通の砂糖で。

だからケーキ屋さんのスイートポテトではなくて、
“うちんちのスイートポテト”。

個人的には好きな味でした。
素朴な甘さ。
安心の甘さ。
だって、素材のおいもさんが素晴らしかったから。

結果。

来週もがんばって体動かさなきゃってことです。

+++

tag : クッキング ハンドメイド ダイエット

嵐ちゃん。今年の「第62回NHK紅白歌合戦」の司会もだ!

もう色々言いますまい。

夕方、テレビつけたらニュースにちゃん&真央ちゃん。

s-kouhaku.jpg


やったーー。
昨年大晦日の幸福感が、今年も味わえるのね。

そしてその数日後にはyahoo domeで生に会える。
ううううう(むせび泣き)

シアワセかみしめて今日は寝ますよ。

あ、そうそう。
レギュラー番組は言わずもがな、ですが、

*10月21日(金)18:00~18:45
 10月22日(土)8:45~9:30[再放送]
 NHK-BSプレミアム「ザ少年倶楽部プレミアム」
 ⇒WORKS:「ARASHI LIVE TOUR “Beautiful World”」

です。
ライブ感が味わえそう。

■NHK 紅白歌合戦 公式サイト

tag : テレビ

宮下奈都「太陽のパスタ、豆のスープ 」でにんまり。

この作家「宮下奈都」との最初の出会いはこれ。
「スコーレNo.4」


0003_20111018082154.jpg

自由奔放な妹・七葉に比べて自分は平凡だと思っている女の子・津川麻子。
そんな彼女も、中学、高校、大学、就職を通して4つのスコーレ(学校)と出会い、少女から女性へと変わっていく。
そして、彼女が遅まきながらやっと気づいた自分のいちばん大切なものとは…。
ひとりの女性が悩み苦しみながらも成長する姿を淡く切なく美しく描きあげた傑作。
(「BOOK」データベースより)


彼女の心の中の葛藤、コンプレックスに背中をなでてあげたいような、
「自信をもって」と声をかけてあげたくなるような、
そんな気持ちで一気にに読み続け、そして彼女の成長ぶりに心のカタルシスが。。。


仕事にひたむきな女性の姿はここでも。
「メロディ・フェア」
0002_20111018082154.jpg

私はこの世界の小さいところから歩いていくよ。
大学を卒業した私は、田舎に戻り「ひとをきれいにする仕事」を選んだ。
けれども、お客は思うように来ず、家では化粧嫌いの妹との溝がなかなか埋まらない。
そんなある日、いつもは世間話しかしない女性が真剣な顔で化粧品カウンターを訪れて
――いま注目の著者が、瑞々しさと温かさを兼ね備えた文体で、まっすぐに生きる女の子を描く、
ささやかだけど確かな“しあわせ”の物語。
(Amazonより)


日頃、何気に横目で見て通り過ぎる、美容部員の女性が
違った目で見られてしまうような作品です。
もちろんお給料をもらわねばいけないのだから、
商品を売りたくて仕事をしているわけだけれど、
ここに出てくる人達は「当にお客様をきれいにしてあげたい」と、
それは、テクニックや流行のものを取りこむとかではなく、
何かしら、人それぞれが抱え込んでいる心の闇みたいなものに、
ほんの少しでいいから前を向くきっかけになるようなきれいな色をつけてあげたい、
という感じの。



昨日、読了したのがこれです。
0001_20111018082154.jpg

注目の著者が贈る、明日への「リスト」の物語
突然、婚約破棄を言い渡され目の前が真っ暗になった明日羽は、叔母に、
やりたいことやほしいもののリスト作りを勧められる。
ひとりの大人の女の子の、当の成長の物語。
(Amazonより)

特に多きなケンカさえないのに、突然の婚約破棄。
もう、まわりも知ってる、式場だってきまってる。
このダメージ、女性にとっては計り知れないことでしょう。

このダメージから立ち直っていこうとあえぐ女性の姿なんだけど、
婚約者への思いを断ち切っていく姿から、いつしか人として成長していく姿に
かわっていく、その過程が絶妙です。
当たり前のことだけど、職場の人たちや、家族(特にお母さん)から、
どれだけ“当たり前に”自分が支えられていたかを感じとることで、
主人公、明日羽の当の成長がある。
頭の中でわかっている(つもりの)ことと、生身の体でわかりえたこと。
その違いをわかることで人は成長できるのね、と、あらためて考えさせられたでした。
人間、まだまだ毎日が勉強なのね。

+++


tag : 家族

謎解きはディナーのあとで 読んだけど。

随分と前に図書館で予約してた、このが、
やっとまわってきました。

      「謎解きはディナーのあとで」東川 篤哉

なぞ


やった。翔君に間に合うって。

で、

マンガ並の速さで読んでしまった。

Amazonの☆は2つ。
ちょっと納得だな。

屋大賞。うーん。

過去の受賞作、天地明察、告白、ゴールデンスランバー とかの感じを、
期待しすぎてたからか・・・。 

でも、まあ、執事役=翔くん、お嬢様=北川景子ちゃんってのは
ぴったり感あり。
s-shou.jpg
ドラマとしては楽しめる、と思ってます。
10月18日(火)21:00 Start!

■謎解きはディナーの後で 公式サイト

tag :

NHK朝ドラ「カーネーション」のタイトルバッグに毎朝グっとくる。

今月からスタートした、NHK朝の連続小説「カーネーション」。

林檎さんが主題歌ってことで、
初回からものすごくオープニングを楽しみにしてたのだけれど、
そのタイトルバッグのクオリティも素晴らしくてもう拍手。

ハンドメイダーにはたまらん画像です。

まず最初に、
back1.jpg
これは映像制作された、辻川さんによると、
「タイトルバックの始まりは、真っ白なスケッチブックの上で寝ている糸子が目覚めるという設定です。」

とのこと。

真っ白なスケッチブックに、カーネーション色の赤のドレスが映え、
そのまわりのアンティークテイストたっぷしのリボンや糸巻き。
ああ、しゅてき。

途中で、糸子ミニはたくさんに増えますよ。
back2.jpg
糸子の衝撃的なミシンとの出会い。
彼女にとってミシンは“だんじり”そのもの。
そんな雰囲気がすごく出てます。

このアンティークなシンガーミシンがよだれが出そうにおしゃれです。

back3.jpg

まだ日本髪を結ってる人がいる時代に、
ドレスや洋服を作ることにひたすら邁進する女性。

毎朝、これ見てると、
しばらくおやすみしてたハンドメイドをやりたくなってます。
秋冬用のバッグをね。
ちょっとデザイン思案中。

って、考えてる間に春になっちゃいそうだけど。

いえ。そんな時はタイトルバッグを見て、自分で自分のお尻をたたかなくては!

明日も見ますよ、カーネーション。
仮面ライダー龍騎、かっちょよくなっちょるしなあ。(泰蔵役です)

■カーネーション 公式HP

tag : テレビ ハンドメイド 家族

いつでもおいしい「キッチン中田中」そして「20th L'Anniversary TOUR」のこと。

先月のことだけど。

やっぱおいしかったので、書いてしまおう「キッチン中田中」

その日、うちの1,2号はL'Arc~en~Cielのライブ
「20th L'Anniversary TOUR」(略してラニバ)に参戦。

終る頃に夫婦でマリンメッセまでお迎え(ご苦労なことだ)

興奮気味のふたりをピックアップし、
がっつりおいしく食べようと「キッチン中田中」へ。
以前の訪問記はこれ。

あたしの。また、ナス味噌たのんでるな。
s-SN3T0002.jpg

2号nonの(すでにエビは1匹食べてた)
s-SN3T0003.jpg

男子ふたりは食べる勢いがすごくて、
撮影間に合わず。
がっつり肉系でしたな。

あ、ライブの戦利品。おきまりね。
s-P1050743.jpg
テープにまでロゴ入っててびっくり。
はただの銀テープだったよぅ。

ってなわけで、中田中。
またまためちゃくちゃお腹いっぱーーーいになりますた。
おごちそうさまです。


+++

■キッチン中田中  **web**
 福岡市南区那の川2-4-32 シングルレジデンス平尾1F
092-533-1313


tag : カフェ 家族

ふらのにかいさんのnew openの地「cocteau」さんに行ってきました。

すっかり涼しくなってきた10月の@福岡。

雑貨屋さんめぐり熱が出てきました。

昨年11月に閉店された「ふらのにかい」さんが、
今年2月から天神に新店舗を構えられていることにつきあたり、
(気になっていたのですよ、ずっと)
場所調べて、行ってきました。

場所は天神の北側。
そんなに商業施設が集中してない静かなところです。
歩いていると既知感が。
あ、あ、あそこだ。
素敵雑貨屋さんが集まってる神戸の「湾岸」スポットに
すごい雰囲気が似てるのです。
(自分だけかな、この感覚は)

ビルは「福岡県パン会館」という、まあレトロなビルの4F。
エレベーターもモチロンなく、まあ階段の高さが急
あ、見えてきました。
s-SN3T0007.jpg
cocteauさんです。

前はほんと小さな店舗でしたが、今回はゆっくりスペースです。
s-SN3T0005.jpg

s-SN3T0006.jpg
なんか、おしゃれ感がとぎすまされてました。

物もごちゃごちゃしてなくて、
オーナーさんが好きなものだけ置かれている感じ。
あたしらみたいなシロウトの雑貨好きって、なかなかその境地に行き着けないのですよね。
つい、あれもこれも飾りたくなって、
ごちゃごちゃ感が。
学ばねば。

そうそう。
もとの場所「ふら」さんのイベントのフライヤーがおかれてました。
すごく可愛いのです。
s-P1050752.jpg
なんか紐が出てます。

ウラにもなんかあり。
s-P1050753.jpg

それをひっぱるとー。
s-P1050754_20111008090640.jpg

■いしきふみのやきものたちとふらのすきなもの
 2011.10.22-10.28 11:00-17:00
 「喫茶 ふら」で3回目の石木文さんのやきもの展が行われます。
 そのフライヤーです。なんて可愛い。

●喫茶ふら 福岡市中央区平尾2丁目17-1
  いわずとしれた「ふらのにかい」さんがあったトコロです。


やっぱり楽しい雑貨屋めぐり。
次はどこにいかうかなっと。

+++

■cocteau **HP**
福岡市中央区天神5丁目6-12 福岡県パン会館4F

tag : 雑貨 インテリア

NHK SONGS エリッククラプトン Eric Claptonに胸がわしづかみに。

「SONGS」。
ひとりのアーティストを、じっくりと、しかし、たんたんと紹介してくれる
大好きな番組のひとつです。

本日のクラプトンはすごい楽しみだった。

「レイラ」がジョージハリスンと女性をとりあってしまった(結果的に)
歌だというのは、あまりにも有名で
知っていたけれども、
「Teas In Heaben」のエピソードは知らなかった・・・。
無知でした。

麻薬中毒とアルコール依存症からやっとの思いで立ち直り、
最愛の息子コナーが生まれ、ようやく新しい人生を歩きはじめたクラプトン。
その彼の目の前で、息子コナーが窓から転落事故死してしまうという、
もう胸がえぐりとられるような波乱の人生。

その後にその思いを封じ込めて作られた歌です。



Tears in Heaven (Eric Clapton) 1992年

Would you know my name if I saw you in heaven?
Would it be the same if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'cause I know I don't belong here in heaven

もし天国でお父さんがお前に会ってもお前は私の名前がわかるだろうか
もし天国で会っても昔のままだろうか
私は強くなくてはいけない, 生き続けなくてはいけない
私は天国にいるような男じゃないことはわかっているから


Would you hold my hand if I saw you in heaven?
Would you help me stand if I saw you in heaven?
I'll find my way through night and day
'cause I know I just can't stay here in heaven

もし天国でお父さんがお前に会ったら手を握ってくれるだろうか
もし天国で会ったら私が立っていられるように助けてくれるだろうか
昼も夜もがんばって生きていこう
私は天国にいられないことはわかっているから


Time can bring ya down
Time can bend your knees
Time can break your heart
Have ya beggin' please beggin' please

時には落胆するときもある
時にはひざまずきたいときもある
時には失望するときもある
時にはお願いだからと乞うときもある お願いだからと


Beyond the door there's peace, I'm sure
And I know there'll be no more tears in heaven

この扉の向こうに安らぎがある, きっと
そして私は知っている 天国にはもう涙はいらないことを


Would you know my name if I saw you in heaven?
Would it be the same if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'cause I know I don't belong here in heaven
'cause I know I don't belong here in heaven

もし天国でお父さんがお前に会ってもお前はお父さんの名前がわかるだろうか
もし天国で会っても昔のままだろうか
私は強くなくてはいけない, 生き続けなくてはいけない
私は天国にいるような男じゃないことはわかっているから
私は天国にいるような男じゃないことはわかっているから


■NHK SONGS 公式HP

tag : テレビ 家族

プロフィール

yunta-souhano1117

Author:yunta-souhano1117
すきなもの。
ZUMBA®
雑貨
インテリア
ハンドメイド
カフェ
sweets
本。
それと「嵐」。

まだまだお金はかかるけど、
子離れして、自分のこれからの
生き方を見つめなくちゃの時期です。

笑ったり怒ったり泣いたり
ほっとしたり。
そんななんてない日常です。

FC2ブログランキング
↓ぽちっとお願いします。大喜びです。

FC2Blog Ranking

カテゴリー
Link
★おすすめサイトです★
recommend
















































最近の記事
おすすめ商品
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ブログ内検索